腰痛を自分で治す|腰痛症・腰椎症の症状と治療法は

腰痛症・腰椎症とは

腰痛症と判断されるのは、医療的に明らかな原因となる病気が発見できず、X線写真でも異常が認められないにもかかわらず、筋肉の過労や不良姿勢などが原因で生じたと考えられる腰の痛みを腰痛症あるいは腰椎症と呼んでいます。

 

即ち、これはちゃんとした病名というよりは、一つの疼痛状態を指しているだけで、かなり広範囲の腰痛が含まれることになります。
もちろん、個々の体の状態によっても痛みの原因が異なっている可能性もあります。

 

このような状態ですから、例え、一旦は腰痛症として捉えたとしても、何か原因が明らかな病気の初期症状である場合もありますので、痛みが続くようであれば精密な検査をして痛みの原因をつきとめることが必要になります。

ぎっくり腰とと慢性腰痛症

一般的に「ぎっくり腰」と呼ばれるのは、急性腰痛症のことです。
また、痛みは軽いものの、時に強くなったり、また楽になったりを繰り返すようなものが慢性腰痛症とよばれます。

腰痛の原因は

腰痛の原因は、大きく分けると2つです。

 

一つは、ヘルニアや坐骨神経痛などにみられる背骨(もしくは背骨の周囲の筋肉)に異常が起きておこる腰痛。

 

もう一つは、内臓に何らかの病気があっておこる腰痛です。

 

背骨や背骨の周囲の筋肉に異常が起きて腰痛になるものには、

  • ぎっくり腰
  • 椎間板ヘルニア
  • 坐骨神経痛
  • 骨粗鬆症
  • 脊椎側湾症
  • 腰部脊柱管狭窄症

などがあります。
そして、様々な腰痛の根本原因は筋力の衰えです。

内臓疾患から来る腰痛を考慮しておく

内蔵疾患が原因で腰痛となる病気には、癌をはじめ命に関わる疾患もあります。
特に、腰痛の原因となる内蔵の疾患を理解しておくと、あなた自身の健康の維持の為にも大いに役立ちます。
大病を放置しない為にも、あらかじめ内臓疾患が原因となる腰痛の症状を理解しておくことで、早期発見に繋がります。

 

また、一般的に腰痛は整形外科などで治療を行いますが、骨盤や体の姿勢を矯正しても、内蔵の疾患が原因となっている腰痛の場合には痛みの要因が異なりますので、改善を見込めません。

 

そこで、腰痛に悩まされている方や整形外科等の治療で腰痛が改善されないという方は、内蔵疾患が原因となる腰痛についても理解しておくといいでしょう。

内蔵疾患が原因となる腰痛の特徴

日頃の姿勢や筋肉の衰えなどに原因があって内臓疾患でない場合は、横になることで腰痛が楽になったりします。しかし、内蔵疾患が腰痛の原因である場合には、姿勢を変えても痛みの症状は変わりません
その為、姿勢に関わらず腰痛が続く場合には、できるだけ早期に病院にかかって原因の特定をすることが大切です。

 

姿勢や体勢に関わらず、いつも慢性的な腰痛がある

 

内臓疾患から腰痛を感じる疾病

内臓疾患が原因の場合の腰痛は、その疾患に症状の悪化や進展が見られた時だと考えられます。
早急に、病院で検査を受けるシグナルとなります。

泌尿器系疾患

腎臓・尿路結石、泌尿器の癌、膀胱炎、腎盂炎、前立腺肥大症など

消化器系疾患

胃潰瘍、胆石、胆のう・胆管炎、消化器の癌、十二指腸潰傷など

循環器系疾患

腹部大動脈解難、閉塞性動脈硬化症など

女性に特徴的な疾患

子宮筋腫、子宮・卵巣癌、卵巣膿腫、月経困難症など

一般的な疾患

風邪、インフルエンザほか

 

エゴスキューメソッド腰痛解消プログラムの詳細はこちらから